株式会社サンワクリーン


復興支援ポスター配布プロジェクト One for All, All for Japan.

アオキ店長

サンワスタッフがちょっと気になる商品や情報,日常のあれこれなどをお届けします。

サンワスタッフ紹介

アオキ店長

三和クリーンの若手社員。 天然パーマでベビーフェイス。プライベートではドラムをやっているとかいないとか。店長とかおだてられて、いい気になってマス。

赤塚研究員

松戸在住。少林寺の使い手。ご飯大盛り。見た目は中年。実年齢は結構若い。草食系にみえて、実は肉食系(マダムにモテモテらしい・・・)多ジャンルにわたり、研究開発中!


ソニー ビジョンプレゼンター

さまざまな種類のコンテンツを見やすいレイアウトで一覧表示、画面を見ながら簡単に操作するスタイリッシュなプレゼンテーションシステム。

ソニーが久しぶりに面白い商品出しました(笑)
HDMIやHD-SDIをキャプチャーできる専用パソコンを入れることにより、映像コンテンツをまるで映画のような演出でレイアウト出来るシステムです。
http://www.sony.jp/vpl/products/PWA-VP100SET/
実物を見ましたが、なかなかおしゃれなプレゼンテーションが出来そうです。大講堂での授業や役員会議室でのプレゼンテーションに導入が期待されそうです。
どのような製品であるかは言葉では表現しづらいので左のYouTubeをご覧ください。

技術的な面から言いますと、
入力パターン① HD-SDI×4 HDMI×2 ②HDMI×4
出力パターン ①DVI×2 ②HDMI×1
入出力計4パターンにてシステム構成が組めるようです。
そのほかにもWebコンテンツやPowerPoint、JPG等の静止画を表示することが可能との事です。カメラの制御もできるようですね。ただHDCP非対応なんですよね…表示できないコンテンツがありそうです。
しかしHDCPという規格にも困ったものです。スイッチャーや伝送機を途中に入れると、HDCPのハンドシェイクが上手く行かずトラブルになることも多いんですよね。認証は再生機のみにしてハンドシェイクをやめるとか、もうちょっと考え直して頂きたいものです。


2013“よい仕事おこし”フェア

城南信用組合主催“よい仕事おこし”フェア
出展のお知らせ

城南信用組合主催“よい仕事おこし”フェア
~日本を明るく元気に!~
<入場無料>
【場所】東京国際フォーラム
【日時】8月6日(火)・7日(水) 午前10時~午後6時(7日は午後4時まで)
【出展ブース番号】 D13

東京国際フォーラムにて行われます、【よい仕事おこしフェア】に 三和クリーンが出展することになりました!
メインテーマは『リアルサンワ情報館』
日頃、弊社が扱っている高品質のカメラレコーダーシステムやi-Padコントロールシステム、デジタルサイネージ等を見て、触って体感してください!私も実物で案内してます!

・・・それはさておき、弊社が施工させて頂いた上野動物園のパンダ 「シンシン」産室用カメラシステムについても展示を行います。
高画質かつ使い易さが現場で大好評だった
「HD-SDIレコーダー」
某銀行様サイネージシステムとして導入予定の「地デジdeインフォ」
タッチパネルでAVシステムをスマートにする「モバイルタッチ」などなど。
サンワ情報館が盛りだくさん!
皆様のご来場、心よりお待ちしております!!


HD-SDIワンケーブルカメラ

HD-SDI導入事例

フルハイビジョン映像を撮影できるHD-SDIは、医療用途での利用が注目されています。
実際に弊社でも、病院に導入した事例がありますので、ご紹介します。
【導入内容】
・無呼吸や夢遊病など、睡眠に関係する症状の検査室に導入。
・被験者の寝ている状況を記録するシステムとして、HD-SDIシステムが採用されました。
・当然真っ暗になってしまいますので、赤外線投光器を照射し、赤外線対応のHD-SDIカメラで撮影しています。
・寝息なども重要ですので、高性能の天井マイクで集音しています。音声はHD-SDI映像に重畳してレコーダーに送っています。
・レコーダーは、ブルーレイディスクへのコピーに対応した機種になっています。
カメラ:SONY EVI-100S
マイク:AudioTechnica AT-POE4520
音声重畳器:Imagenics CRO-EMB12
レコーダー:JVC SR-HD2500
制御システム:弊社 モバイルタッチ(※リンク

赤外線投光器って、赤外線だけじゃなくて、赤い可視光も意外とたくさん出るんですよね。

そうですね。暗闇で投射すると、赤い光で明るく感じますよね。

寝ている人を撮らなくちゃいけないので、赤外線投光器の機器選定には苦労しました。

でも君だったら、昼間でも寝ちゃいますけどね…


HD-SDIワンケーブルカメラ

HD-SDIワンケーブルカメラ

・高画質かつ設定が簡単なHD-SDIカメラですが、電源と映像が別の二線式のカメラがほとんどです。
しかし、既存のアナログカメラは、電源と映像が1本のケーブルで送れるワンケーブルカメラ(電源重畳カメラ)が多いのです。
HD-SDI用の電源重畳ユニットもありますが、カメラと一体型になっていないため、カメラと電源重畳ユニットの間は結局線が2本になってしまいます。
このため、アナログカメラを高画質のHD-SDIカメラに置き換えようとした時、電源重畳ユニットの収納に困ったり、天井に追加の穴加工が必要になってしまったりと、せっかくのHD-SDIの手軽さを損なうケースもありました。
しかし今回、あるところで、電源重畳ユニット一体型のカメラが開発中との情報があり…

某メーカーで開発中の、HD-SDIワンケーブルカメラの画像を、三和クリーンの秘密情報員が入手しました!

秘密情報員なんていたんですか

電源重畳ユニットがカメラと一体になっているんです! このカメラが完成すれば、本当のHD-SDIワンケーブルカメラが登場するんです!

確かにこの製品なら、アナログカメラのHD化がかなりスムーズでしょうねぇ。スペックなどの詳細を早く知りたいものです。

史上初ですよ、きっと! すごくないですか!?

しかし、モザイクが各所にかかっていて、肝心な所が見えないですが…

モザイクって、一度かけてみたかったんですよ~

……君がかけたんですか?


HD-SDI対応 小型カメラ(9月頃販売予定)

HD-SDI対応 小型カメラ(9月頃販売予定)

・ デイナイトHDカメラ(ハイエンドモデル) WHD2000
1/3型CMOSイメージセンサー搭載
総画素数 : 約200万画素
信号出力 : コンポジット HD-SDI
出力形式 : NTSC/PAL 1080/60i 1080/50i 720/60p 720/50p
最低被写体照度 : カラー:12lx F1.8 / モノクロ:1.0lx F1.8
レンズ : 光学10倍 Auto Focus Zoom レンズ (f5.1~51 f1.8~2.1)        光学10倍/デジタル12倍(最大120倍)
電源 : DC12V
重量 : 約420g

・カラーHDカメラ(スタンダードモデル) WHD2100 1/2型CMOSイメージセンサー搭載   
有効画素数 : 1920(H)×1080(V)
信号出力 : HD-SDI
出力形式 : 1080/30p
最低被写体照度 : 0.9lx F1.4
電源 : DC12V
重量 : 約125g           
※上記2機種の仕様について今後変更する可能性がございます。

前回のHD-SDレコーダーに引き続き、今回はHD-SDIカメラをご紹介いたします。
HD-SDI対応カメラと言うと、従来はプロフェッショナル向けの大きなPTZカメラが多かったのですが、見て下さい、この小ささ!
下手なアナログカメラより小さくて、その上でフルハイビジョン! しかもお手ごろ価格! 小型かつ高解像度、設定が容易なので、次世代の監視カメラのパイオニアとして期待してます!

HD-SDIは既存の同軸線が生かせますから、アナログ固定カメラのリプレイス案件に丁度良いですね。 問題は、発売が9月以降だってことですね。早くしないと、うちの海外好きの社員が、使い勝手の良い外国製HD-SDIカメラを見つけて来てしまいますよ…


HD-SDI対応 ネットワーク監視レコーダー

HD-SDI対応 ネットワーク監視レコーダー

・ HD-SDI System (HDI)
HD-SDIカメラを接続しフルHD(1080p)を4ch,8chで録画可能な高画質映像記録用のHD DVR
・ HD-SDI System + SD(VIDEO)  (HDY)
HD-SDIカメラとSD(アナログ)カメラを接続しフルHD(1080p)で録画可能なハイブリッドタイプ の高画質映像記録用のHD DVR
・ IPX System (IPX)
IPカメラを接続してフルHD(1080p)を 4ch,8chで録画可能な高画質映像記録用HD DVR。
カメラごとのIP設定が不要で、ケーブルを接続すれば自動認識します。POE 内蔵でカメラに別途電源供給が不要です。

国内では放送・業務用として使われていた、「HD-SDI」規格を用いた監視システムです。
アナログカメラみたいに同軸一本で接続できて、難しい設定も不要! しかも高画質! 日本ではHD-SDIカメラはあってもレコーダーはほとんどありませんが、お隣の韓国では当たり前のことのように使われているとのことです。
今後、弊社は韓国からIP・HD-SDIのレコーダーやカメラを仕入れる予定です。
詳しい仕様につきましては近い内に当HPの一押しコーナーにて掲載します!

IPカメラは多機能・高画質ですが、設定に手間取ったり何だかんだとトラブルもありますよね。でもアナログカメラの画質には満足できない…
設定が容易で高画質なHD-SDIカメラは、今後固定カメラを中心に需要が伸びそうです。
ただパンチルトやズームなどをさせるには、別に制御線が必要になるでしょうね。
あとIPカメラの大変さに慣れた人の中には、簡単さに物足りなく感じるマゾな方もいるかも知れませんね…


グリーンカーテンの種まきしました

グリーンカーテンの種まきしました

三和クリーンでは昨年よりエアコン代節約のため、グリーンカーテンを作っております。 今年も夏に向けてゴーヤと朝顔の種まきを行いました。

今年も暑くなりそうですね~!
昨年は企業も電力を15%カットしようということで弊社も省エネに取り組んでみました!
去年の様子を少し紹介いたします。
その① クーラーをなるべく使わないようにする為、引き戸に網戸を張り、風通しを良くしました!
普段開けていなかった窓を開けてみると、意外と気持ちの良い風が入ってきたり効果はなかなか良好です!
その② 直射日光を避ける為、「よしず」を立てました!弊社は西日が直接入ってくる為、午後はかなり窓際は暑くなります。「よしず」を立てることによって、だいぶ窓際は涼しくなりました!
その③ 「よしず」効果を更に2階まで広げるため、グリーンカーテン(壁面緑化)を実施いたしました。1階まではすくす育ちましたが残念ながら2階までは届きませんでした。今年は2階まで届かせたいですね!

今年もいろいろ社内エコを実施していこうと思います!

今年も夏は電力事情がきびしそうですからね。
昨年、はじめて植えた割にはちゃんとゴーヤの実がなりましたね。
ゴーヤは種を1ヶ所切って水に浸して根を出しておくとか、いくつかコツがあるのですが、親切に教えてくれるサイトもあるので、調べれば素人でも何とかなるものです。
ただグリーンカーテンはやっぱり虫が出ますね。1階はいいのですが、どうして2階には網戸がないのでしょう…


ワットエイジ

ワットエイジ

「ワットエイジ『Watt age』」は太陽光発電からの電力と家庭用電力の2 通りの電力を蓄電できる非常用蓄電システムです。
いつ起こるか判らない自然災害における不測の停電による個人の財産や事業活動の損害は計り知れないものがあります。
特に昨今では通信手段、店舗の販売のためのPOS・レジスター、パソコンを中心とした事業活動など電気がなくてはまったく機能いたしません。停電という非常事態は多大な損失を招く結果となります。これら事態に対応する非常用電源の備えが認識されております。また電源確保が難しい屋外などでの野外活動にも幅広く活用できる蓄電システムです。


パンフレットPDFダウンロード

蓄電池が家庭用電源と太陽電池の2ウェイ入力なのが嬉しいですね。停電時のみならず、平時からピークカットとして使用できますから有効活用できますね。
そうでなくても停電時に電気が全部外に流れちゃったどこかの家庭用太陽発電に比べれば、断然ありがたい商品です。

自然エネルギーによる発電や蓄電池に関する商品は最近増えてますね。
蓄電システムは不測の事態の時に大変効果を生み出します。
そのような事態に備えて、蓄電システムを購入検討をされている企業が増えているようです。
また現在、国や都道府県の補助金制度が整備されておりますのでコストの面を考えても今がお買い時です。
より蓄電でき、コストパフォーマンスに優れた (まるで僕の仕事みたい!?) な発電・蓄電システム宅募集中です!


レスキューアクア911

レスキューアクア911

ナノ・レベルの超微細孔を利用した逆浸透膜浄水(R.O.)システムを採用することにより、ライフラインが停止し、十分な飲料水の確保が困難な状況でも、身近にある風呂水や雨水、河川水などから、安全な飲料水を簡単に作ることができる携行用浄水器です。
軽量・コンパクトなので非常時の持出しにも適し、保管も容易です。電気やガソリンを使用せず一日に300人分に相当する約600リットルの浄水能力を持つので、防災用や救援用としても最適です。

逆浸透膜はウィルスも除去できますから心強いですね。小さくて持ち運びも楽なのもいい。
ただ、浄化するためにポンプを動かすのは相当疲れますね。ポンプを押してくれる若者も備蓄しておきたいところです。

ウーロン茶やコーヒー、仕舞には赤ワインまでいろいろとやってみたところ全て飲料水を簡単に作成することが出来ました。
ポンプを逆に動かしたらワインが作れたりしたらいいのになぁ。


HDデジタル・ワイヤレス・マイクシステム

HDデジタル・ワイヤレス・マイクシステム

国内新規格「DECT」を採用したHDデジタル・ワイヤレス・マイクシステム。
これまでのデジタル・ワイヤレス・マイクシステムは、主にA帯、B帯もしくは2.4GHz帯の周波数帯域を使用していました。
しかしA帯では申請が必要、B帯では混信が課題、2.4GHzは無線LAN・Bluetooth等による混雑が懸念され・・・とそれぞれに課題を有していました。
A帯でもB帯でも2.4GHz帯でもない1.9GHz帯「DECT」を採用。既に世界では広く普及し、一流企業で使用されています。
Revolabs HDデジタル・ワイヤレス・マイクシステム、待望の日本リリースです。

4台のユニットをカスケードすることで、最大32本のマイクを同時使用可能です。また、マイクの種類もバウンダリー・ハンドマイク・カントリーマン等種類も結構あります!
混信しない!最大32本も使える!種類も豊富! マイクなのにイヤホンジャックもついている!何故?これはいろいろ使い道のある面白い商品じゃないでしょうか?

PHSの技術を使っているので混信しなんいですね。規制緩和でようやく日本でも使えるようになりました。
音質も申し分ないですね。
ただマイクと本体をペアリングしないと使えないので、マイク故障時の入替が、これまでのワイヤレスマイクよりもちょっと面倒くさいですね。
予め1本、予備マイクとペアリングしておくと運用がスムーズでしょう。



ページの先頭へ